💑 お返事をいただくには? 💑

さあ、結婚相談所での婚活を決めていただけたら、まずはご自分のご希望に合った方へのお申し込みからスタートです!

★「お相手詮索」にご自分のご希望条件を入れてみましょう。4d22f4e6c5387c7a826413ed4d307e29_s.jpg
この時、まずはご自身のお気持ち最優先、
ちょっぴりご自分のことは棚に上げても(‼)
理想の方がどれくらいいるのか試してみるのもいいと思います。
皆さん、最後は「お人柄」「フィーリングの合う方が一番!」なんてこと分かっていらっしゃるのですから、あえて希望どおりの条件を入れてみる、どの方にも譲れない条件ってありますよね!
最初は思い残すことの無いように、ご自身のお気持ち最優先で。

検索結果が思ったより多くても少なくても、まずは希望に近い方にアタック!
お返事がいただけたらこのチャンスを有効に生かせるよう頑張りましょう。

でも、イメージとは違う方だったなんて場合もよくありますよね。
そんなときには、少しご希望条件の軌道修正を検討しなおし、幅を広げてみることを
お勧めします。

そう、お返事の可能性を広げるには、少しご自分の希望条件を見直してみること。
いい意味でストライクゾーンを広げてみることこそ重要だと思うのです。
相手からお申し込みを頂いた場合もしかりです。
少し希望から離れているからといって、すぐに「お断り」のお返事ではせっかくの
チャンスを活かせるはずもありません。

★次にお写真。「写真」に自信の無い方、沢山いらっしゃることと思います。
私自身がそのひとりだからこそ、よ~く分かります。(笑)
でも、「この人やさしそうだなあ」とか「なんでも相談にのってくれそうだなあ」など
お写真から受ける印象は、意外とお人柄を当てていることも多いのです。
お写真が苦手そうながらも、頑張って笑顔を浮かべている姿、ほほえましく感じませんか?
お写真を撮るときは、ご自分のいいところを頭に思い浮かべながら!
是非、実行なさってみてくださいね。

★もうひとつ、プロフィールデータのコメント文、これこそこだわってほしいのです。
PD上の記載事項は証明が必要なものが多く、ご自分では変えられない点が多いですよね。
だから、コメント文こそ、あなたらしさ・あなたの魅力を伝える大切なアピールツールに
仕立ててほしいのです。
趣味や仕事など、事実だけを伝えるのではなく、お人柄がにじみ出るような内容、会ってお話してみたいと思わせる内容、難しければカウンセラーとの共同作業でトライしてみてください。

さあ、いかがでしょう?実行できそうなことばかりですよね!
・広いスタライクゾーンを心掛ける
・笑顔で明るいお写真
・お人柄を伝えるコメント文
まずは、この「3本の矢」揃えてみませんか?

PageTop