🍀 婚活必勝法 File 1 🍀

「婚活成功法」などと大それたタイトルを掲げてみたものの、
「これで大丈夫、あなたも確実に結婚できます!」と
太鼓判を押せる方法は残念ながら無いと言えます。2376c12c565080ed0ac536761ea05163_s.jpg

でも、この仕事に携わってみると、ご成婚に繋がりやすい
方達がいらっしゃるのは、確かのように思います。

では、具体的にどんな方達なのでしょう?
以下、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。
まず今回は3つの特徴の中からひとつ、ご紹介させていただきますね(^^♪

💛まずは素直な方
 
これは、まずは「聞く耳を持っていて下さる方」ということ。
私達カウンセラーは会員様の「ご縁」探しという重要課題に、日々真剣に
取り組んでいます。
「結婚したい」という想いで、結婚相談所を選択してくださった方々の期待に
応えるべく奮戦しています。
そのためにも現代の婚活事情を正しく理解していただけるように、
「結婚への可能性を高める」アドバイスすることがあります。

その際、ご自身の希望をあまりに最優先し、ご自分の理想に固執してしまうと、
せっかくの出会いをご縁につなげる可能性が減ってしまうと言うことを、
まずはご理解いただきたいのです。
年齢・お住まい・お仕事等々、希望に近い方に出会いたいのは当然のこと、
でも少し条件からずれていても、よりフィーリングの合う方と結ばれるほうが
ずっと「幸せ」につながると思いませんか?

私達はお気持ちに沿うよう心掛けながらも、【確実にパートナーをお探しいただけるように
アドバイス】しています。
時に、お考えにそぐわない場合もあるかもしれませんが、私共のアドバイスに耳を傾け、
検討してみる寛容さ・柔軟性を是非持っていて頂きたいのです。

現代の婚活中の男女がそれぞれお相手に何を求めているのか、どんな結婚生活を
希望しているのか、まずは【敵を知る】、つまり理解し、男女それぞれの気持ちを
正しく把握してこそ、有効な婚活が出来るはずです。

がむしゃらに自分の理想の方達ばかりにお申し込みをしても、「結婚につなげる」ことは難しいと言えるでしょう。
カウンセラーと二人三脚、十分話し合い考えてみることで、多様性や柔軟性を持たせながら、ご自分でも納得の婚活ができ、結果的にご縁に繋がるのです。

何しろ、結婚生活とは、理解・協力・譲歩無くしては成り立ちません。
その第一歩が希望条件の譲歩(柔軟性)と言えると思います。

さあ、肩の力を抜いて、フレキシブルなお気持ちで、おおらかに婚活して参りましょう‼

❓ 結婚相談所ってなに ❓

「結婚相談所」と言うと皆さん、どんなイメージをお待ちでしょう?

☑何となく敷居が高いad826377bc2250824b703908bb192dc5_t.jpg
☑無料面談に行ったら、入会させられちゃいそう💦
☑どうしても結婚できない場合の最後の砦⁉
☑条件でお相手を判断するみたいで・・・
☑写真がよくなきゃダメでしょ!

ざっとこんな感じでしょうか?
私たち、相談所のカウンセラーやスタッフは、いつもこんな皆さんの誤解を解きたい!
結婚相談所というシステムについてもっと正確に知ってほしい、そう願っています。

そのためにも、まずは私たちと話してみて欲しいのです。
当相談所では、無理な勧誘は絶対にしていません。
なんでもざっくばらんにお話して、あなたに合った婚活方法をお伝えすることも出来ます。

というのも、ご本人が「結婚したい、そのために相談所を利用してみたい!」
と思って下さらなければ、相談所での婚活はまず不可能だからです。
いやいやご利用いただいても、まずお相手に対して失礼ということになります。

「結婚」に対する考えは十人十色、「独身主義」の方も「結婚より優先させたいこと」を
お持ちの方もいらっしゃるでしょう。それは、それで尊重すべきことだと思います。

私共がサポートしたいのは「結婚したいけれど、なかなかご縁に巡り合えない」
そんな方たちなのです。
現代社会においては、「ご近所の世話好きオバサン」も「お相手を紹介してくれる上司」も
いません。だからこそ、自分で婚活を始めなければならない時代と言えます。

結婚を希望する方達が、自分のプロフィールをしっかり作成し、
その内容について証明書を提出、安心できる状況で、お互いに「お会いしたい」となれば
「お見合い」です。確かにこれを「条件」や「写真」で判断していると感じる方も
いらっしゃるかもしれません。

でも、私たちは多かれ少なかれ、交際しようと判断するときに自分のなかで
「何か判断基準」となるものがありますよね。
プロフィールを見てお会いしたいと思うであれば、ご自身のお気持ちが納得していると
いうこと、つまりかなり前向きな姿勢で「お見合い」に臨めます。

あとは「お人柄判断」ここは最も重要なポイント、誰もが最終的にはこの点つまり
フィーリングが合うかどうか、相性がいいかどうかの確認となります。

最初は「お見合い」でスタートしても、交際を重ねるにつれおのずと「恋愛」関係に
変化していくのです。そうならない場合には「交際終了」となります。
自然な恋愛だって、最初は「お友達から!」ですよね。そういった意味では、
出会いが違うだけで、あとは恋愛と同じと言えると思います。

「写真はタイプじゃなかったけど、結構お会いしたら話が弾んだ」
「身長が気になったけれど、一緒にいて楽しいから気にしなくなった」
「少し遠いいから、交際は無理かと思っていたけど、会えないときでも
ラインやメールで離れている感じがしなかった」

恋愛感情無しではご縁に繋がるはずもありません。
お相手を好きになれば大抵の問題は乗り越えられます。

ご家族やお友達にも言えないようなことでも、私たちは誠心誠意ご相談に乗ります。
気になること、不安に思うこと、なるべく払拭できるようにアドバイス致します。
それは、当相談所が「離婚にならないご成婚」を何より重視しているからです。

さあ、結婚相談所について理解していただけましたでしょうか?
結婚相談所は、「最後の砦」ではなく、あなたの思うご自身の適齢期に、
まずは正しく理解し、利用していただきたい有効な婚活方法なのです。

わからない点、ご心配な点等、なんでもお問い合わせ下さい。
ご本人様、親御様、またご一緒でも、無料面談で結婚相談所について、正しくご理解・ご納得いただければ嬉しく思います。

⌛ 新時代に何を ⌛

過ぎてみればあっという間の10連休(^_-)-☆
皆さんはどのように過ごされたのでしょうか。0b879b71c9112dc8442c191dfd38c9f3_t.jpg

目まぐるしいお天気ながらもレジャーに暇の無い方、家でまったりの方、安近短のお出かけと家でのんびりの組み合わせでバランス型の方、「いやいや仕事で休めないよ~」という方、まさに十人十色の10連休(^-^;

私はと言えば、お仕事以外はもっぱら「断捨離」に専念。家族が減るたび気になっていた片付け、令和の時代に先駆けてこの気がかりだった
大仕事に挑んだというわけです💦

長年重宝してきたものの今は愛用者がいなくなり取り残された沢山のもの、
なんでも後生大事にしていた年寄りとの生活でたまりにたまった日用品、
進学と共に家をでた娘の成長の証の品々、ひとつひとつに想い出が思い浮かび、
残されたものを片付けるという作業を担う「悲しさと切なさ」を感じる毎日でした。

「こんまり」さんではないけれど、どの品々にも「ありがとう」の言葉をかけながら、
驚くほど多くのものを処分して、つくづく人は何と多くのものに囲まれて暮らして
いるのだろう、これからはなるべく身軽に暮らして行こうと自分を戒める思いでした。

最近では、皆仕事に忙しく、お掃除や遺品の整理など業者に依頼する方達も
多いと聞きます。事情は様々ですから、それも有効で便利な方法だと思います。
でも、私は、自分なりに片付けが出来たことで、お別れができたような気がして、
とても大変でしたが、少し自己満足出来た気がします。

昭和や平成を振り返り、大切な思い出を心に刻んで、新時代を生きる!
私は、大層な目標を掲げたわけではありませんが、cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_t.jpgこれまで同様「一日一日を大切に生きて、誰にでも優しくありたい」「ご縁を探す方達に誠心誠意尽くしたい」そんなふうに思っています。

ますます日進月歩の時代にあって、災害の無い、優しい心に満ち溢れた時代であってほしいと心から願っています。淋しい心・孤独な心が無くなるよう、皆が支え合っていける社会であってほしいと心から祈っています。

皆さんは令和に何を思いましたか?

🌷自然とイルミと🌷

皆さんは、10連休どのような計画を立てていらっしゃるのでしょうか?

私は一足早く「春の旅」を満喫してきました。DSC_0177.JPG
友達とふたり、自由気ままな1泊2日のプチ旅行。
新幹線以外、行き当たりばったりのオールフリータイム!

行先はあのイルミネーションで有名な「なばなの里」
日頃の心掛け(⁇)か4月なのに真冬の陽気 (^-^;
でもそこは、早業でポジティブシンキング!
「束の間でも非日常を味わえて、かつ上げ膳据え膳だもの、十分満足!」

名古屋駅で早速「ひつまぶし」に舌鼓。(新幹線でもサンドイッチ食べた気がするけど💦)
目指すは一路長島温泉。電車もバスもグッドタイミング!
一時間もかからず、一大リゾート温泉施設へ。あの有名ななばなの里に到着!

早めの夕食を終えて「日本最大級のイルミネーションの世界へ!」
一歩足を踏み入れた瞬間から、光と幻想の夢の世界!
イルミネーションの今年のテーマはずばり「日本」。

近場のクリスマスのイルミを想像していた私達二人は完全に度肝を抜かれ、
寒さも小雨もなんのその、ハートをがっちり奪われたのです。
テーマに沿って妥協を許さない演出、目の当たりにした誰もが心奪われ、
イルミマジックにかかって言葉を失くし「来てよかった!」と感動するのです。

さらに翌日、お天気は打って変わっての快晴!DSC_0195.JPG
青空と桜とそして満開の一面のチューリップ!
本家オランダ以上(行ったこともないのにすみません💦)かと思うほどの圧巻のチューリップ🌷🌷🌷!
数え切らないほどの種類のチューリップからほとばしる生命力!

心酔しきった二人は固く誓ったのです。
「また、必ず来ようね!」
「家族にも見せてあげたい!」
「知り合いに紹介しよう!」
人工のイルミと自然のチューリップ、負けず劣らずの共演にすっかり心奪われた二日間でした!(帰りのエビフライも美味しかったなあ・・・)

10連休は少しは掃除でもしようかしらん(^-^;

💛 AI マッチング 💛

最近すっかりおなじみの「AI(人口頭脳)」
「受付」や「ご案内」といったマニュアル感漂うお仕事はお手のもの。image.png
なんと「囲碁」や「将棋」「チェス」といった複雑で奥が深いものも、
「自動運転」や「家電」といった高難度ものまで、大躍進の大活躍!

実に身の回りの多くにAIが活用され、
私など利用しているのかされているのか、わからない有様💦9c92abb774746d5d5dd66f2569c738ee_t.jpg
でも、便利かつ能率的なら使わない法はありませんよね!

そこで、当相談所加盟のIBJ:日本結婚相談所連盟。
業界のリーディングカンパニーとして、
東京大学の研究チームとマッチングアルゴリズムを開発、業界に先駆けて婚活サービスへのAIを導入、新システムがこの春よりリリースされたのです!

「えーっ、いやだなあ、恋愛や結婚をAIにさしずされるの?恋愛はハートでしょ❢」
というお声が聞こえてきそうですが、もう少し説明させてくださいね(^_-)-☆

IBJは現在、業界N0.1およそ63,000人の方にご加入いただいています。
男女でざっくり半分だとしても、それだけの方のプロフィールデータを見るのは至難の業、これを効率的にご希望に近い方をご紹介して、お申し込みをご検討いただける新機能
システムなのです。主に次の3つの項目が主軸となります。

1. 分析・・会員様とお相手候補の顔の好みや希望条件・興味・関心等をAIが分析
2. 抽出・・AIが上記の分析をもとにお奨めのお相手をピックアップ
3. 紹介・・マッチング率の高い(お返事の可能性の高い)お相手をご紹介

膨大なデータの収集・分析・結論の割り出しはAIのお得意分野、したがって会員様がシステムを出来るだけ活用することで、おのずと多くのデータが蓄積され、より的確にご紹介ができる機能というわけです。

もちろん、このシステムに100%依存するのではなく、カウンセラーの長年の経験によるアドバイスも怠ることは決してありません。

IBJの理念は「人と人を繋ぐのは人だと思う」これを忘れることは、決してありません!
そうカウンセラーの「マンパワー」こそ、文字通り「(ご)縁の下の力持ち」なのです!
さあ、日進月歩の婚活方法、あなたもぜひ有効に活用して、
「婚活」を「良い想い出」にしませんか?

それにしても「AI」ローマ字読みで「あい(愛)」ってなかなか素敵ですよね!

新時代を生きる

2019年4月1日、新時代の幕開けとして新元号が発表されましたね。kazoku.jpg
5月1日からの新元号は「令和」。

「文化を育み、自然の美しさを愛でることが
できる平和な日々に心からの感謝の念を抱きながら、
希望に満ちあふれた新しい時代を国民の皆様と共に切り開いていく」
安倍首相は、会見冒頭こう述べていました。

万葉集の中から引用されたこの文言には、
「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が
込められているのだとか。
「悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄を
しっかりと次の時代へ引き継いでいく」と明言されていました。

その発表を聞いた私はと言えば、日々時間に追われ、問題目白押しの庶民の暮らしから
少しかけ離れているようで、しばらくは理想と現実の狭間に漂っているかのようでした。

でも少しずつ、自分なりに咀嚼して、こんな時代だからこそ、日本人として
悠久の精神や誇り、その育んだ文化を失うこと無く、新時代に向けて前向きに
気高く取り組んでいくことが大切なのだなあと、達観できたように思います。

急速な少子高齢化、自然災害の復興、近隣諸国との外交問題、
賃金や男女そして都市と地域など様々な方面での格差問題、
外国人労働者受け入れ対策、引きこもり、年金問題・・・等々、問題山積のわが国。
早急な対策が待たれる中で、一番大切なのは何なのか?

それは「日本人はどうありたいのか。どんな国を目指して動くべきなのか。」
まずは、そこをしっかり考え、国民一丸となって新時代を切り開いていくべきなのだ、
そんな思いを痛感しました。

目標無くして、対策は考えられませんよね!
「四季の中で優しい心をはぐくみ、皆平等に日々の暮らしが営めるよう、
助け合いながら、日本人としての誇りを胸に新時代を生きていきたい」
新元号誕生に伴い、そんな国民としての小さな自覚を痛感した一日でした。

1,200年物時空を超えていにしえの精神は今も立派に通用するのですね!
皆さんは、新元号にどんな思いを馳せられましたか?

💛結婚前に確認しておくこと💛

先日、結婚相談所のカウンセラーとしては、興味津々の話題をtuinnba-do.jpg
朝の情報番組で取り上げていました。

街頭インタビューでも未婚女性の多くが
「確認しておいたほうがよさそう!」と答え、
既婚女性までも「結婚前に知っていたら"(-""-)"」と無念の表情。

朝の忙しい時間帯、じっくり見ている暇もなく無念の思いでしたが、
そこはカウンセラー魂を発揮!パソコンでしっかり調べてみました(^^♪
皆さんのお役に立ちそうな情報は、貪欲に収集しなければと使命感に燃えています!
すると早速、出てきました!「結婚前に確認しておくべきこと15選!(Lovely提供)」

「えーっ、愛し合っていれば何とかなるんじゃないの??」
その通り!それが出来るのならなんの問題も無いですよね(^^♪
でも、実際には3組に一組が離婚という悲しい現実もあるのです。"(-""-)"

私は、ご成婚に向かうか否か迷っている会員さんには、よくこうアドバイスします。
「気になることはなんでも訊いて、不安を少しでも減らしておきましょう!」
ただし、質問する前に必ずこう言ってくださいとお願いします。
「あなたとのことを本当に真剣に考えているから、訊いておきたいのです。」

人間なにか決断を下すとき迷うのは当然のこと、
ましてやこれから長い時間を共に寄り添い頑張るパートナーを決めるのに
不安が出てくるのも、ごくごく自然なことです。

だから「真剣に思うからこその質問」に気を悪くする方はいないと思うのです。
その答えを聞いた上で最終の判断をすればいいし、またその時点でカウンセラーはじめ、
家族や友人に相談するのもいいと思うのです。
自分を大切に思ってくれている冷静な第3者の意見にも、是非耳を傾けてみてください。

例えば「家事の分担と家事能力」「家計の管理」「両親や親族との関係」「住居について」。
結婚してからでも十分間に合うと思っていても、すぐに向き合わなくてはならない
ことばかりです。
確かテレビでは「お風呂上がりのバスタオルを何日使うか」「おなかが弱いか」
「食べ物の好み(薄味・濃い味)」など、小さいけど大事なことも出ていました。

お相手の気持ちも尊重しながら、ご自分の考えをしっかり伝えてみませんか?
楽しいデートのひと時、まずは前向きに話し合ってはいかがでしょう!

桜のように・・・

立春を過ぎると、次第に春の気配を感じるようになります。
でも、私たちが本当に「春が来たなあ」と思うのは、sakura2.jpg
桜の花を目の当たりにする頃ではないでしょうか。

悲しいニュース、暗いニュースが多い中、
「桜前線」は誰しも待ちわびる春の便り。
日本人にとって特別な花「さくら」
今年も「開花宣言」と共に、桜の季節到来です!

桜は本来アジア各地に生息し、日本国内だけでも600種類以上あるのだとか。

ちょっと思い浮かぶだけでも、
1月中旬より熱海などで咲き出す「寒桜」
2月の中旬からは、かわいい濃いピンクの「河津桜」
4月中旬からの「三春の滝桜」
4月からひと月楽しめる圧巻の「吉野の千本桜」
そしてゴールデンウイークの「角館の桜」
是非とも鑑賞したい桜のなんと多いこと!

でも、やっぱり王道はご近所や通勤途中の「ソメイヨシノ」ではないでしょうか。
母校の校庭の桜、近所の公園の桜、菩提寺に咲く桜、通勤途中に見る桜。
そう、桜は様々な生活の舞台で、誰もに優しく「春」を運んでくれるのです。

忙しくて出かけられない人も、病室から愛でる状況の人も、
悩みや心配事を抱えている人も、まさに幸せの渦中にいる人も、
そして卒業や入学、新社会人といった新しい門出の人たちには勿論のこと、
桜は皆に平等に春を運び、優しく見守ります。
「今年も春になりましたよ・・・会いに来ましたよ・・・大丈夫・・・
ずっと応援してます・・・あなたを見守っています・・・来年も勿論会いに来ます」

そしてまた、「お花見」の宴の席を陰ながら盛り上げ、
同僚や仲間の親睦を深めるのにも一役果たしてくれます。

皆さんは、お花見の宴が終わった後の桜、見たことがありますか?
漆黒の夜空に淡いピンク、まさしくほろ酔いの女性のよう、私はこの桜も大好きです。

私は桜の頃に両親を亡くし、同じく春に孫の誕生という、身内の生死を経験しました。
満開の桜の中、授かった命と失くした命、とても感動的で刹那的で、
今となってはこの時期に逝った両親を羨ましく思っています。
桜と共に、家族を思い出せるのは素敵なことだと思うのです。

皆に春を運び、温かく見守り、楽しませ時に盛り上げ、未来を約束して、
そして潔く散る・・・
「桜の花のような女性になれたら・・・」
私は、おこがましくも毎年そんなふうに願っています。

3月8日「国際女性デー!」

「3月8日」さて、この日が「何の日」か、皆さんはわかりますか。
私も、実は今回ネットのニュースで初めて知りました。ha-to hana .jpg
勉強不足で「初耳学」です💦

正解は「国際女性デー‼」
と聞いても、この時代「さもありなん」と言った
感じの日だけど、詳しいことはさっぱり。

日本では、ほとんどの人が答えられないこの3月8日、
何とお隣中国では国を挙げての大々的なイベントが催されるのだとか‼
中国人女性にとってまさに自分たちが主役となる「特別な1日‼」なのだそうです。

各企業が、豪華な食事会を催したり、映画や劇場に招待したり、
また女性社員全員「上海ディズニーランド」に招待するなどという太っ腹な会社も。
SNS上にはこれらのイベントの様子が競い合うように投稿され、
「特別扱いされた自分」を率直に楽しんでいる様子。

と、こんなニュースを目の当たりにすると、やっかみ半分、
「ウン、待てよ、何か根本的に違うんじゃない⁇」と突っ込みを入れたい気もしますが、
一方で「一日でも羨ましい!」などとも思う自分もいるのです。
たった一日大事にされたって・・・と思う反面、
「たった一日でもいい、どんなこともまずは小さな一歩からなのだ」とも思いますよね。
誰だって、特別扱いは嬉しいし、大切にされると相手のために頑張る気力が湧きます。

ここで目を自分たち、日本人女性に向けてみました。
世界の日本女性のイメージは「良妻賢母・相夫教子」。
つまりは良き妻、良きお母さん。
日本女性は、世界の男性からすれば「とりわけ優しい」のです。
よく、日本人女性は外人男性に人気で、日本人男性は逆と言われたりしますよね。

「うちの奥さんが強くてさあ・・・」などと愚痴をこぼされながらも、
家事育児を一手に担っていることの多い日本人女性。
しかも、共働きが当然のこのご時世、仕事で稼ぐ役割も果たし、スーパーマン並みに
忙しい日々を過ごしています。

その結果、我が国の男女平等度は、各国の性別不平等状況を分析した
「世界ジェンダー・ギャップ書」に顕著に表れることになります。
対象144か国中、日本はなんと111位という悲しい事態。

先進国と称される国々の中でもダントツ最下位のこの順位💦
なんとなく感じていたもののやはりこの順位はかなりショックです。
北欧諸国がトップ4を総なめにし、アフリカの発展途上国なども
トップ20入りを果たしているのに、です。

男女雇用機会均等法が制定されて41年、教育をしっかり受け社会進出を果たした
女性にとって、まだまだ職場でも家庭でも真の男女平等は遠いのですね。
「出産・育児・介護」が女性の社会的平等を阻むことの無いように、
世界中でしっかり「意識改革」していくことが、肝要だとつくづく思います。

誰もが自分の人生を大切に、思いきり謳歌できるように、
誰かが誰かの犠牲になるのではなく、支え合って共に困難を乗り越えられるように、
今こそ、性別を超えるべく意識改革をしていきたいですよね!

花音のブログ

私のブログを読んでくだる方には、いつも本当に感謝しています。
なるべく毎週書くようにしているのですが、     ie.jpg      
少しでも皆様の息抜きになれば嬉しいです。

今回は、皆様が多分ちょっと気になっていらっしゃるで
あろう点について、書かせていただこうと思います。
私のブログを読んで「いいね!」と感じる方、
「ウン、待てよ。自分と違うぞ。」と感じる方、
いろいろいらっしゃると思います。
とりわけ「結婚相談所のブログらしくないなあ。」とお感じの方は多いのではないでしょうか。

私は、なるべく日常の様々な出来事に対して、自分自身がどんなふうに考えているのか、
何を感じたのか、今後どうして行きたいのか等、多方面のことを書くことにより、
皆様に少しでも私の「人となり」をご理解いただき、そのうえでご自身の婚活の協力者として選んで欲しい、そう思っているのです。

そのため、婚活に関することのみのブログではなく、日常の様々な出来事を取り上げています。人生の大きな決断である結婚、そのお手伝いをさせていただくのに、十分信頼頂いてから応援団として、「花音」を選んでいただきたい、そう思うのです。

そしてもうひとつ、ひとつの世界にどっぷりとつかってしまうと、その世界の常識があくまで全世界共通、みな同じ考えという錯覚に陥り、「俯瞰的に物事を観る」ということを忘れがちになってしまうと思うのです。
これを忘れてしまうと、結婚の基本である「お相手のことを考えて」ということができない、自分中心の人間になりかねない気がするのです。

世の中には、いろいろな人がいます。
考え方も、生い立ちも家族構成も経済状況も健康状態も、現在の環境も皆それぞれです。
パートナーとしてどんな方を選ぶかは、ご本人次第ですが、あくまで「お相手のことを理解し思いやる」こと無くしてはうまくいきませんよね。

「全体をとらえること」の大切さを忘れたくないと、いつも自分自身戒めています。
とは言え、ブログ全体の最大のテーマはあくまで「人との繋がり」

「結婚」を無理に奨める気持ちは全くありませんが、やはり「家族」という繋がりは、人との繋がりの核であり、無償ながらも最強の絆であることは否めない気がします。
どのような選択をしていこうとも、ご自分の人生を大切にしていただきたい、
人との繋がりを大切にして欲しい、そう願っています。

今後も、様々な話題を選んでブログを続けていきますので、どうぞ読んでくださいね!