💐 真剣交際~ご成婚へ 💐

交際からひと月ほど経って、お会いするのがお互いに楽しみになってきたら、
いよいよ真剣交際のスタートです 。
6ad344f2d8c0b54833ca0109c03940d4_s (1).jpg
「真剣」と名前が付く時期だけに、ここからはまさに
真剣勝負。と言っても「ご縁」における真剣勝負は、
あくまで和やかにソフトに!
分かり易く言えば結婚感を確認する段階、つまりお相手との相性を具体的な内容を話し合うことで、今後ともに人生を歩んでいけそうか判断していただきたいのです。
だからこそ、お互い誠心誠意このステージに臨んでほしく思います。

今や3組に1組が離婚という悲しい時代、そんな悲しい体験をしないためにも、
この段階の結婚感の確認は重要と言えると思います。
私は真剣交際に入った会員さんには、ご自分の結婚感を出来るだけ分かり易く、
はっきりお相手に伝えるようお勧めしています。

・どんな家庭にしたいのか(明るい・落ち着いた・癒し・向上・・・etc.)
・どのあたりに住みたいのか(実家の近く・勤務地優先・郊外・・・etc.)
・大まかな人生計画(共働き・子供の人数・収入や時間の配分・住居購入・・・etc.)

「来年のことを言うと鬼が笑う」の訓戒が聞こえてきそうですが、
なんでも率直に意見を交換できるというのは素晴らしいことだと思うのです。
もちろん、今話し合ったからと言って、先のことなど誰にもわかりません。
状況も日々変化し、計画通りにいかないのが世の常、それに単なる希望なのですから、
なんの強制力ももちろんありません。

でも、だいたいの自分の想いや気持ち・考えを伝えておくのは無意味なことでは決して
ないはず。お相手が自分の気持ちをそれだけ真剣に聞いてくれるか、またどれくらい
同調してくださるか、どんな点が自分と違う考えなのか、あらかじめ知っておくことは
とても重要だと思います。

その際、忘れてはいけないのが、お相手の意見にも十分耳を傾けるということ。
それまで別々の人生を歩んできた二人が、全く同じ人生観や結婚感を持っているはず
ありませんよね。それぞれの考えや生き方はどれも尊重されるべきもの、だからこそ、
自分との相違を認め、その人の考えを尊重したうえで、ともに人生を歩めそうか、
じっくり判断していただきたく思います。

何より大事なのは
「お互い歩み寄れそうかと言うこと」
「お互いの考えを尊重できるかと言うこと」
「十分納得できる話し合いが出来るかと言うこと」

従来の「男性だから・女性だから」にとらわれず「長男だから・長女だから」を
乗り越えてお互い一個人としてしっかり向き合ってほしいと思います。
一方的な押し付けでは、例え結婚したとしても長く継続できるはずもありません。
結婚に必要なのは「いかに柔軟性を持てるかということ」に尽きるかもしれません。

結婚相談所など、「お見合い」結婚は、離婚率が低いという統計が出ています。
つまり、恋愛のようにいざ結婚したもののいろいろ難題が出てきたということが
少ないのです。あらかじめプロフィールデータでその人の条件的な内容は把握でき、
真剣交際中にも結婚を前提としたお話が出来るからに他ならないと思います。

いかがでしょう?
自分の気持ちを真摯にそして率直にお伝えしてみませんか。
例え、考えの違いが出てきても話し合う余地がありそうか、譲歩し合えそうか話して
みませんか。

ちょっぴりお相手が引いてしまいそうな重要な話題なら、
最初にこんなふうにお伝えするよう、私はお勧めしています。
「この交際を本当に大事に思っているので、お訊きしたいのです・・・」
こんなふうに真剣に思われているのに気分を害してしまう人なんていないと思います。
もちろん、お相手も真面目にお返事くださることでしょう。

お伝えしたいこと・訊きたいこと、この際はっきりさせていただければと思います。
そして是非この大切な期間、カウンセラーをフル活用してご相談ください。
もちろん、最終的な判断はご自身ですが、精一杯的確なアドバイスを致します。
出来るだけ「ご成婚退会」までに不安要素を払拭して、
そのご縁があなたにとって「真のご縁」なのか、一緒に判断して参りましょう!

💑 交際希望を頂くには 💑

「交際希望」すなわち「この方とまたお会いしてお話してみたい!」
と思っていただくにはどうしたらよいのでしょう?

これは、とりもなおさず「お見合い」を成功させること、bf747cdf0093298af79ae32c132b8fe8_s (1).jpg
つまりお見合い独特の緊張ををやんわりといて、
「初めてお目にかかったのになんだかお話が楽しいなあ」
と思っていただけることにほかなりません。

と言っても、これが至難の業💦
初対面の方とお話するのはそれだけでかなりハードルが高いもの。
営業などお仕事では慣れていらっしゃる方でも、お見合いとなるとそう簡単にはいきません(>_<)

まずは、プロフィールデータを参考に話の糸口を見つけ、休みの日の過ごし方や趣味ど、
当たり障りのない話題をどうふくまらせていくかにかかってきます。
このとき、心がけたいのは皆さんご存知の「会話のキャッチボール」
お見合いは、お二人が演出家であり、キャストでもあるのです。

・普段より、少し丁寧でゆっくりとした口調ではなす。
・お相手と同じくらいの量の会話を心掛ける
・返事に窮するような突っ込んだ質問はNG
・さりげなく自分の長所をアピール
・お相手の意見を尊重・理解する姿勢を見せる
・結婚生活はなんでも話し合い・協力し合っていきたいと伝える

もし、お相手が「話下手」と言うなら少し自分が多めに話して、お相手が返事をしやすい
話題をふるのもお勧めです。また、先にあまりに模範的な内容でばっちり決められては
お相手はますます緊張するばかり、少しユーモアを交えたり、おちゃめな素の部分を
隠さず出すのも場が和む気がします。

そして何より、気負わず笑顔でまずは楽しむこと、お互い貴重な時間を使ってのお見合い
なのですから、楽しく過ごすのがいいに決まっています。「ご縁」には繋がらなくても、
その方のいい点を学んだり、また反面教師として自身を反省したり、
得るものは必ずあるはずです。

パッと見て「あ~あ、タイプじゃなかった・・・」なんてすぐに判断せず、一期一会の
その出会いを心から大切にしていく、そんな気持ちが「交際希望」をいただくチャンスに
つながる気がします。

「どうして交際希望をもらえないのだろう」なんてお悩みの方、ご自分だったら
どんな方に「交際希望」のお返事を出したいか考えてみるのもお勧めです。
必ず答えのヒントがあるはずです。
カウンセラーと相談して、「自分磨き」を実行するのもおおいに成果に繋がりそうです。

さあ、悩むばかりでなく前を向いてポジティブに「素敵な自分になること」、早速始めてみませんか?
それこそ、交際希望をいただく最高の秘訣、なにより婚活を頑張るあなたへの最高の
ご褒美なのですから!

💑 お返事をいただくには? 💑

さあ、結婚相談所での婚活を決めていただけたら、まずはご自分のご希望に合った方へのお申し込みからスタートです!

★「お相手詮索」にご自分のご希望条件を入れてみましょう。4d22f4e6c5387c7a826413ed4d307e29_s.jpg
この時、まずはご自身のお気持ち最優先、
ちょっぴりご自分のことは棚に上げても(‼)
理想の方がどれくらいいるのか試してみるのもいいと思います。
皆さん、最後は「お人柄」「フィーリングの合う方が一番!」なんてこと分かっていらっしゃるのですから、あえて希望どおりの条件を入れてみる、どの方にも譲れない条件ってありますよね!
最初は思い残すことの無いように、ご自身のお気持ち最優先で。

検索結果が思ったより多くても少なくても、まずは希望に近い方にアタック!
お返事がいただけたらこのチャンスを有効に生かせるよう頑張りましょう。

でも、イメージとは違う方だったなんて場合もよくありますよね。
そんなときには、少しご希望条件の軌道修正を検討しなおし、幅を広げてみることを
お勧めします。

そう、お返事の可能性を広げるには、少しご自分の希望条件を見直してみること。
いい意味でストライクゾーンを広げてみることこそ重要だと思うのです。
相手からお申し込みを頂いた場合もしかりです。
少し希望から離れているからといって、すぐに「お断り」のお返事ではせっかくの
チャンスを活かせるはずもありません。

★次にお写真。「写真」に自信の無い方、沢山いらっしゃることと思います。
私自身がそのひとりだからこそ、よ~く分かります。(笑)
でも、「この人やさしそうだなあ」とか「なんでも相談にのってくれそうだなあ」など
お写真から受ける印象は、意外とお人柄を当てていることも多いのです。
お写真が苦手そうながらも、頑張って笑顔を浮かべている姿、ほほえましく感じませんか?
お写真を撮るときは、ご自分のいいところを頭に思い浮かべながら!
是非、実行なさってみてくださいね。

★もうひとつ、プロフィールデータのコメント文、これこそこだわってほしいのです。
PD上の記載事項は証明が必要なものが多く、ご自分では変えられない点が多いですよね。
だから、コメント文こそ、あなたらしさ・あなたの魅力を伝える大切なアピールツールに
仕立ててほしいのです。
趣味や仕事など、事実だけを伝えるのではなく、お人柄がにじみ出るような内容、会ってお話してみたいと思わせる内容、難しければカウンセラーとの共同作業でトライしてみてください。

さあ、いかがでしょう?実行できそうなことばかりですよね!
・広いストライクゾーンを心掛ける
・笑顔で明るいお写真
・お人柄を伝えるコメント文
まずは、この「3本の矢」揃えてみませんか?

⚖ 賢い婚活方法 ⚖

「結婚相談所」と言うと、
「なんだか敷居が高い感じだよなぁ」2b0a864f7e9f19f75a8f90eed5ae0cb2_t.jpg
「費用も高そう💦」
「なんたって条件優先みたい。」
「やっぱりフツーの恋愛のほうがいいなあ」
そんなふうに思っていらっしゃる方、多いのではないでしょうか。

そのお気持ち、よ~く分かります。
私だって相談所について全く知識の無かった若かりし頃なら、そんなふうに思ったはず。

SNSが当たり前のこの時代、婚活アプリや合コンまでは何となく抵抗がないものの、
「結婚相談所」となるとなんとなく二の足を踏んでしまいがち。
自然な出会いを期待していても、結婚を意識するほどのお相手までには巡り合えない、
「あ~あ、また今年もこのまま過ぎていくのかなあ」早くもあきらめムードなんて方、
いませんか?

「まっ、いいか、結婚がすべてじゃないし、今の生活は快適そのもの、わざわざ苦労する
ことは無いよね。○○さんなんて、最近離婚したらしいし・・・子供もいるのに。」
なんて言い訳がそこかしこから聞こえてきそう。

でも、皆さん確固たる独身主義者と言うわけではないのです。
「いい人がいたら・・・」「そろそろ結婚しなきゃヤバイんじゃないかなぁ。」
そんな風に思っている方がほとんど、家族を持ってフツーに暮らして行くことがどんなにかけがえのないことか、皆さんちゃんと分かっていらっしゃいます。

こちらとしても結婚相談所のカウンセラーをしているからと言って、誰にでも結婚を
お勧めするつもりは全くありません。
人生の主人公はあくまでご本人、どんな生き方をなさろうと全く自由です。
時に心配した親御さんの勧めでいやいやご入会なさった方が、
気乗りしないままお見合いに臨んでも、それはお相手に失礼と言うもの。
私たちはご本人の結婚へのお気持ちを確認せず、ご入会をお勧めしたりはしません。

私が今、ここでお話したいのは、あくまで「結婚したい」と思っていらっしゃる方への
婚活方法です。上司の紹介もなくなり、ご近所の世話好きオバサマもいなくなった今、
ご縁を待つだけではあまりに受け身すぎる気がするのです。

結婚相談所は、連盟に加盟している相談所なら垣根を越えて、どの相談所の会員さんにも
お申込みできます。また、どの相談所の会員さんのお申し込みを受けることも出来ます。
皆さんご自身のステップアップのために、資格を取得したり、勉強を始められるとき、
それなりに教材を買い求め習得に時間もかなり費やしますよね。
ならば、婚活こそ大事な人生の伴侶さがし、ここぞ費用と時間をかけるべきだと思うのです。(しかも、費用については良心的なところもたくさんあるのですから・・・(^^♪)

結婚相談所にご入会いただくには、住民票や独身証明等、いくつか必要書類の提出を
お願いします。これを面倒くさいと思う方がいるかもしれません。
でも、結婚だからこそ、しっかりとしたお相手と真剣に交際をすすめていきたいのは当たり前のこと、だからこそお互い様と言うことでご自分の証明書も必要なのです。
しかも各種書類の用意は最初だけ、後は変更が無い限り活動に専念できます。

今や、なにか行動を起こそうとしたら、まずは情報収集の時代。
予め知っておくこと、事前に承知しておくこと、情報に裏付けされた知識こそ
アクションの結果を左右します。
相談所では、通常ではありえない数の会員様の情報を知ることが出来ます。
ひとたび、結婚となれば知っておきたい重要な情報が最初から提供されるのです。。

そう、皆さんが「条件」と呼ぶ基本的個人データを確認したうえで、あとはお人柄確認を、しっかりしていただければいいのです。
フィーリングが合うか、お人柄に納得がいくか、その確認は一般的にいう「恋愛」そのものです。恋愛無くして、ご成婚はありえません!

「お相手のことを知り理解し、ご自分との相性を考え、ご縁に繋がるべく努力する」

私は、現代社会において、結婚相談所はかなり有効な婚活方法だと思っています。
いい意味で効率よく、沢山の会員の中から、ご自分にあいそうなお相手を見つけられる
時代のニーズにこたえるべくシステムだと思うのです。
なにより、離婚率が低いと言われる「お見合い」と時代に則した「恋愛」両方の要素を兼ね備えた婚活方法だと思うのです。

まずは、どんな婚活が自分に向いているのか、どんな相談所が合っているのか、
実際に無料面談に臨まれて、活動方法やカウンセラーとの相性等、ご自身で確認される
ことをお勧めします。私たちは、現代の結婚事情を踏まえたうえで、その方に一番の
アドバイスを心掛けています。無理な勧誘はありませんのでご安心くださいね。

さあ、まずは婚活の第一歩、スタートしませんか?


🏠 House / Home 👪

家族が生活を営む場として、無くてはならないのが「家」d73ed567848e575d06e3af919a5fce52_s (1).jpg
家族を雨・風から守り、日常を大きく支えてくれます。
当たり前のこと過ぎて、普段「家」に感謝するといったことは
あまりないような気がします。
むしろ「うちは狭い」だの「日当たりが悪い」「間取りが住みづらい」等と欠点ばかり挙げて言いたい放題、大いに反省の余地があるようです。💦

でも、ひとたび災害が起きれば誰しも家の存在を大変ありがたく思いますよね。
厳しい自然の中では人間は実に弱いもの、「家」無くしては生きていけないと言えます。

令和元年の今年後半、我が家は建て替えをすることになりました。
学生の頃から住み慣れた我が家、40年以上もの長きにわたり頑張ってくれたものの、
さすがに老朽化には勝てず、建て替えをすることになったのです。

にもかかわらず、最初は転居のための整理と片付けに追われ、山のような処分品と
沢山のダンボールに「あ~、引っ越したほうが早かったなあ」などと愚痴ばかりが
先行する始末。自分の立場でしか、引っ越しを考えられませんでした。

でも、一日一日仮住まいへの転居日が近づき、家の中が片付いてくるにつけ、
がらんとした「家」をなんだかすごくいとおしく感じてくるようになったのです。
ものに溢れかえった我が家と家族ひとりひとりを、こんなに長きにわたり
物言わず静かに優しく包んで見守ってくれていたのだ、そんな感謝の念と寂寥感が
湧き上がってきたのです。

「今まで本当にありがとう。また、ここに新しい家を建てて住ませてもらうから、
引き続き見守っていてね。あなたのことも、ここでできたたくさんの想い出も
私の大切な宝物、決して忘れないからね。」気が付けば、心の中でそう語りかけていました。

こんな経験、皆さんもおありでしょうか?
だからこそ、思いませんか⁈
中に住む家族は、健康で仲良く、日々朗らかにいたい!いるべきなんだ!と。
人柄が表情に出るように、きっと家族のありようが家の雰囲気(家相)に現れるような気がします。肩の力を抜いて、ゆったりおおらかに癒される家庭をこれからも築いていこう!
今、心からそう思っています。

(^-^; もったいない精神⁈

いざ「結婚」を考えるようになった時、誰しも思い描く理想のパートナー💛

『やっぱりかっこいい人だったらいいなぁ、友達がうらやむかも⁈』
『可愛い子だったら、頑張って働いちゃうよ~、家にまっすぐ帰っちゃうし!』

年齢は○○くらいまで、年収は○○くらい、身長は○○くらいがいい感じ、
家が近ければ結婚後も実家の両親に助けてもらえるんだけどなぁ、
と言った具合にまだ見ぬ未来のお相手に夢は限りなく膨らみます。
この妄想タイム、心ゆくまで楽しんでいただきたいと思います。

既婚者だって、「今度生まれ変わったらさぁ・・・」なんて、旦那様(奥様)の顔を
想い浮かべつつ、真逆の理想のタイプで盛り上がったりするんですから (^-^;

でも・・・皆さんきちんとわかっているのです。b0f70448c776c310a2df573ddccd1042_s.jpg
『理想のお相手』になんて定義が無いこと。
思い通りのパーフェクトパートナーなんていないこと。
結婚相談所でのPCシステムを利用してのお相手探しは、まず検索条件入力から。
ストライクゾーンの広い方、かなり狭い方、いろいろです。

ことは「結婚!」未来のパートナー探し。
ご自身だけでなく、家族や親戚、友達、同僚にそれなりに納得・祝福してもらえるような
ご縁探しに誰もが真剣です。

私はなるべくご入会後しばらくは、ご本人の思った通りに自由にお申込みしていただく
ようにしています。
この時間、今後の為にもとても重要な役割を果たすような気がするからです。
しばらくして、なかなか成果が出ないとき、ご成婚に繋げるべくアドバイスを始めます。
すると皆さん、それなりに自然とアドバイスを受け入れてくださるのです。
そして、ご自分のやり方と、アドバイスを取り入れたやり方と並行して活動して頂きます。

誰だって、自分の気持ちを大切にしながら、婚活したいですよね。
だから、ご縁に向かってダブルアプローチ!
とりあえず出会いのチャンスをゲットすること、それが肝心だと思うのです。
あとは、交際しながら判断していく、そのスタンスが大事です。

ここでびっくり!あ~ら、あのこだわりは何処へ⁈
私が『婚活の不思議』を思い知らされるようなことが度々起こるのです。
そう、こだわりの条件から大きくずれていても、好きになった瞬間、それは「どうでもいいこと」に変わるのです。

これぞ『恋愛マジック!』
そして、それほど好きになれるお相手に巡り合えたことこそ「奇跡!」
私たちカウンセラーが「とりあえずお会いしてお話してみたら⁈」とお勧めするわけ、
ご理解いただけました?

プロフィールデータだけでスルーしていたら、もったいないと思いませんか? (^-^;


(^^)/ お人柄とは?

時代がどんなに進んでも、いざ結婚について考えるとき、e5f81bf5d1e023a163afc5e5dcdca202_s (1).jpg
キーワードとなるのはなんと言っても【お人柄】。
プロフィールデータがどんなに立派でも、
そのお人柄に魅力を感じなければ、
「結婚」を考えることはありませんよね。

【お人柄】は、「その人の様々な要素が相まって自然とつくり上げられるもの、
その方の内面からにじみ出てくるもの」のような気がします。
その方の個性はもちろんのこと、潜在的に持っている嗜好・思考などを含めて
その方ならではの雰囲気というか、良くも悪くもオーラのようなもの、
まさしくそれが【お人柄】に他ならないと思うのです。

お見合いで初対面の場合、実際にお相手を目の当たりにした印象、
この視覚からの印象はかなり強烈です。
どんなお話をしたかまるで記憶に残っていなくても、
「きれいな人だったなあ!」「タイプじゃなかった💦」等は覚えているもの。
一説によれば、五感の中でも目からの情報は83%を占め、第一印象は
たったの15秒で決まってしまうのだとか。

「美人(イケメン)は得だなあ!」と思わずため息が出そうですが、
一方で「美人は3日で飽きる」とも言いますよね。
人間関係というのは容姿だけで築けるものではなく、コミュニケーション無くしては
成り立ちません。となれば、挽回のチャンスは十分にあるということになりますよね!

「あの人口下手だけど、あったかい人なんだよね。」
「ぶっきらぼうだと思っていたら、意外と優しいところあるんだ!」
「最初は全然タイプじゃなかったんですけど、なんだか好きになっちゃって・・・」
なんてこと、よくありますよね。

ひとつのことに対して、その人が何を感じ・考え・どんな意見を持つのか、
またそれをどんなふうに表現して、どんな表情で周囲に伝えるのか、
そんな日常のやり取りの中に、その方のお人柄がでてくるもの。

とりわけパートナーとしてのりこえなくてはならないような大問題であるほど、
その対応力が問われるのであって、もはや容姿など二の次のような気がしてきます。

勿論、非常事態の時だけでなく、何気ない普段の生活の中で、周囲に対して心地よい
空間を作れる人と言うのは、かなり人間力の高い方にほかなりません。

いずれにしろ、【お人柄】は一日にしてならず、日々の研鑽と高いコミュニケーション能力、そして何よりお相手に対する理解と思いやり、これらをさりげなく気配りしてこそ、
自然で、誰しも好感を持てる【お人柄】となれるような気がします。

そんな壮大な課題に取り組むにはめまいがしそうですが、私なりに心掛けていること。
それは、「相談してみよう。話を聞いてもらおう。」と思ってもらえる人でいること。
「解決」には至らないかもしれないけど、その方の気持ちに耳を傾け、理解し、いくらかでも気が軽くなるようにお役に立ちたい、そんな人になりたいといつも思っています。

あなたはご自分の【お人柄】考えてみたことありますか?

💛 ふわふわ言葉が好き 💛

皆さんは「ふわふわ言葉」を知っていますか?

小学校の道徳の時間などで取り上げられ、b5499c01c8ce1822d504bfb4317d8bd8_s.jpg
その認識度はグッと上がったように思います。
言われると嬉しく元気が出る「ふわふわ言葉」
逆に悲しく落ち込むのが「ちくちく言葉」というわけです。

日常何気なく交わされる会話。
私たちはコミュニケーション無くしては、人間関係を築くことは出来ませんよね。
でもその一方で、なかなかゆっくり会話をする時間が無いのも事実。

家族でも友達でも仕事仲間でも、たまにはゆっくりおしゃべりする時間を作って、
是非コミュニケーションを図りたいものですよね。

でも同時に気を付けたいのが、自分が悪気なく発した一言がお相手を
深く傷つけてしまうなんてこと。
そう、自分の一言がお相手にとって「ちくちく言葉」になっていないか、
そのあたりの配慮は忘れずに心掛けたいものですよね👍

私は両親が厳しかったせいか、どんなふうに言ってもらえたら、傷つかないで
素直に受け入れることが出来るのか、いつも考えてきたような気がします。
勿論、TPOに合わせて、またその人の性質・感性などに合わせてアドバイス・
指導するコミュニケーションの重要性も十分理解しているつもりです。

上司が部下を指導する場合、親が子供を注意するとき、同僚・友達とのやり取り、
様々な状況で行われるコミュニケーション。

私はやはり重要なのは「思いやり・愛情」をもって会話することに尽きると思います。
例え自分にとっては冗談のつもりであっても、お相手を傷つける可能性がある会話は、
したくありません。

例えば、「ふくよかだね」「ぽっちゃりさんだね」と言う表現は、「デブ・太っている」
などと言うのとは全然違うとは思いますが、もしお相手が少しでも体型を気にしている
ようなら、やはり会話から外します。

それでも、話題にのぼった場合には、「本人が気にするほどではないこと」、もしくは
「健康に問題が出てくるようであれば、少しやせたほうがいいこと」を最初に伝え、
自分なりに知っている方法などを伝えて無理なく実行するよう勧めます。
あくまで健康でいられるように、またリバウンドを避ける意味でも、
ゆっくりの実践を勧めます。

人は、多かれ少なかれコンプレックスを持っていますよね。
私も自慢できそうなくらい(笑)沢山あります。
コンプレックスについては自分が一番よく知っているので、日々少しでも改善できたらと思っています。

が、残念ながら努力ではどうにもできないコンプレックスもあります。
私が一番避けたいと思っているのは、「どうにもならないコンプレックス」を責めたり、
面白おかしく話題にすること。
大人対応で笑顔でその場はやり過ごしても、本心では悲しい気持ちになるような会話、
そんな会話は避けたいと思うのです。
もし、チョイスするならば自分自身を含めて、コンプレックスを自覚し、
少しずつでも克服していきたい、そう思えるような余地を残して、
愛情を持って話題にしたいといつも心掛けています。

大人も子供も注意するときは、「まずは褒めてから!」そう思いませんか。
なるべく「ふわふわ言葉」を心掛けて、愛情を伝えられるように。
自分を認め、理解してくれている人からのアドバイスや注意は、
誰しも素直に受け入れられる!そう思います。

時間に追われ、ストレスがたまりがちな現代こそ、人間の知恵で優しく疎外感の無い
社会をつくっていけるよう、常に心掛けていきたいと思います。
愛情とユーモアにあふれた会話こそ、優しい関係の第一歩、家族と実現できれば、
そこは間違いなく世界一居心地のいい家庭となるような気がします !(^^)!

💐 ジューン ブライド 💐

女性だったら心のどこかで憧れる「ジューンブライド」
最近では結婚式というとまずは、純白のウエディングドレスを連想しますよね!

赤ちゃんを見ると誰しも笑顔になるように、
花嫁さんを見るとこれまた、皆幸せな気持ちになります。
神社や教会の前で、花嫁・花婿を偶然見かけるという幸運に恵まれると、
こちらも幸せのおすそ分けをいただいた気分、まるで参列者のように笑顔になります。

赤ちゃんや結婚に関してつらい想い出を抱えている場合もありますよね。
私自身も離婚を経験していますし、それぞれ様々な事情を抱えている方も多く、
そう単純に受け入れられない場合もあることも重々承知しています。

でも、私はやはり幸せの代名詞のようなこのふたつを心から祝福する気持ちを、
いつでも自然に持っていたいと思います。
赤い糸の運命の人と巡り合えるのも、赤ちゃんが誕生するのも、本当に運命の軌跡‼
その奇跡を優しく温かく祝福し、見守りたいと思うのです。

「ジューンブライド」とは、ヨーロッパで33c317c0c02d28ddc59e4abe3eff2b74_s.jpg
「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる
古くからの言い伝え。
ギリシャ神話に登場する全知全能の神「ゼウス」の妃で
結婚や出産を司る女神「ジュノ」。
彼女の守護する月が6月と言うのが、有力な説。
偉大な夫の傍らで上手に家庭を守り、子供を育てたとなれば確かにうなずけますよね。

また、結婚が禁じられていた3月から5月の農作業の繁忙期を過ぎ、
気候も安定してくる時期だそうで、いわば挙式のベストシーズン!
でも、6月と言えば、日本は梅雨、お天気が一番心配な季節ですよね💦

海外で挙式するのもあり、また式にはこだわらず入籍を6月にするのもあり、
いろいろ方法はありそうです!

アジサイの花に癒されるこの季節、幸せなふたりの姿こそ、なにより晴れ晴れとした
時間をもたらしてくれそうな気がするのは私だけでしょうか? !(^^)!

🍀 婚活必勝法 File.3 🍀

いよいよ、婚活必勝法第3弾です。

前回同様、婚活成功者の特徴と理解して、ご自分の婚活52eb9d9d125b189c02d48764095d49c8_s.jpg
状況を検討する参考資料としていただければと思います。

それでは、ご紹介しましょう!

💛焦らないこと
あなたが「真のご縁」にいつ巡り会うのか? 
こればかりは正直、誰にも分りません。
相談所にご入会いただいても、「確実に〇〇以内にご成婚!」などとは簡単に申し上げられません。

あなたが現在独身でいるということは、これまでそれなりに恋愛はしたものの、
「結婚には至らなかった」と言うことにほかなりません。
職場や周囲に異性がいない場合も少なくはなく、そうなるともはや「恋愛」どころか、
「出会い」さえ難しいのです。
つまり、ご縁探しは決してそうそう簡単なものではないのです。

確かにお見合いした「お一人目の方とめでたくご成婚!」という方も、決して珍しくは
ないような気もします。
でも、その一方でお人柄は申し分ないのに、なかなかご縁に繋がらない方がいらっしゃるのも事実です。
婚活はまさしく十人十色、おひとりおひとり状況も経過も違うのです。

身の周りお友達などがあっという間にご結婚を決めたりするのを見ると、焦らない方は
いませんよね。
時に「自分は結婚できないのではないか?」などと落ち込んでしまう場合もあるかと
思います。

でも、そこで深呼吸。ご自分のペースをしっかり保って着実に参りましょう。

いまや、三組に一組が離婚という時代です。
そんな悲しいことにならないようにじっくり冷静に、婚活していただきたいのです。
ありがたいことに、今の時代、独身を責める人なんていませんよね。
だからこそ、じっくり、あなたのペースで取り組んでいきましょう。

周りの意見に耳を傾けながら、柔軟にかつおおらかな気持ちで着実に婚活を
続けていけば、あなたはどんどん自分を磨き、周りの人からの評判をあげ、
確実にご縁に繋がる可能性を広げられるのです。

この難婚時代、悩んでつらい思いも経験し、なおかつ楽しい時間を持ちながら婚活を
実行し、婚活が良い想い出となる日まで頑張ってみる、これを貫き通してほしいと思います。

私達も、どこまでも応援します。
この忙しい時代、せめて大事なパートナー探しくらいじっくり進める心の余裕を持って
いて欲しい、心からそう思います。

さあ、「婚活必勝法 File.1~3」いかがでしたでしょう?

少し気を楽に、根気よく楽しくおおらかな婚活を着実に続けて頂けることを願って、
少しでも参考にしていただければ嬉しいです !(^^)!