👨 自己PR 👩

結婚相談所での婚活スタート!
さあ、どんな方がいらっしゃるか興味津々!
スマホ画面を食い入るように見続けます。

時間の経つのも忘れ・・・
でも、そうそう集中時間は続きませんよね💦
「あ~、疲れた。また、ゆっくり見よう。」

それでいいのです。9880190e3b5a30f70c49f448e40b4379_s (1).jpg
婚活がいざスタートしたら、焦ることはありません。
頑張りすぎは何よりNG (>_<)
「婚活はゆっくり着実におおらかに!」がモットーです。

さて、あなたのお申込み基準は何でしょう?
まず、希望条件を入力該当の会員さんが沢山出てきます。

まず目に飛び込んで来るのはお写真!
視覚からの情報は多大なるインパクト。
「何となくよさそうだなあ。」と思ったら、「詳細画面」へ。

プロフィールデータには、沢山の情報が掲載されています。
年齢・現住所・身長・体重・職種・年収・趣味・家族構成 etc.
これらはすべて事実がありのままに掲載されています。
では、お人柄を感じるのはどこでしょう?

そう「自己PR」の文章‼54a02c739cef7278ab036a62e15f99af_s (1).jpg
文章と言うのは、かなりその方のお人柄を表します。
と言っても、これがなかなか難しい (>_<)
この時注意すべきは、男女で全く受け取り方が違う場合も多いということ。

例えば・・・
「料理がとても得意で、毎日自炊をしています。」のこの文章。
書いたのが女性なら、男性には好意的に受け取られるでしょう。
(ただ、毎日おいしいものが食べられる!と男性は早合点し、結果自らハードルを上げる結果になるかもしれません💦)

もし、男性が書いたのなら、料理苦手女子にはハードルが高くなる可能性もあります。
「あ~、私は料理苦手なんだよなあ💦」
(ただし「料理は彼の担当にしよう!」と言うちゃっかり女子もいるかもしれません。)

また、「僕は、体を動かすことが大好きで、休みの日には仲間とフットサルをしたり、
またよくスポーツ観戦に行きます。」と言う自己紹介。
同じくスポーツ大好き女子にはかなり高ポイントになると思います。
でも、「子育てや家族でのお出かけ」のイメージが強い女子にはどうでしょう。
「と言うことは、お休みの日は家にはほとんどいないのね。」と言うことになり、
早くもワンオペ家庭を連想してしまう女子も多いでしょう。

私は前述のような自己PRがいけないと言っているのではありません。
ただ、せっかくの自己PRマイナスに働かないように、少し工夫を提案したいのです。

例えば、前述の文章はこんなふうに。
「料理がとても好きで、新しいレシピにも挑戦します。
時々、失敗もしますが、結婚したらパートナーと一緒に料理をするのが夢です。
お互い疲れているときにはお弁当にしたり、お休みの日には美味しいものを探して
外食も楽しみたいです。」

もちろん、ただ好印象を狙っての文章はいけません。
必ず、実践を伴うこと!これが必須条件です。
少し、言葉を変えたり、補ったりすることで、出来るだけ多くの方と出会える可能性を
高めていただきたいと思うのです。

さあ、自己PR、気持ちに素直に、まずはありのままのご自分を書いてみましょう。
そのあと、担当と話し合いながら、納得のいく修正をしてしっかりアピールしてくださいね!

😢 婚活スランプ

どうしてお見合いがうまくいかないのだろう?
どうして交際が続かないのだろう?

婚活期間が長くなると、こんなスランプに陥りがち。4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s (1).jpg
そもそも結婚相談所は、結婚を希望している人たちの集まり、だから、日頃出会いが無い自分は、そこで婚活すれば結婚できるはず。そんな期待を持って、ご入会下さる方が多いのです。

私は、無料面談に来てくださった方達に必ず伝えます。
「入会したからと言って、安心してはだめなのです。
ここからが婚活スタートです。
ご自身で積極的に活動すること、これが一番肝心です。
そして、結果に一喜一憂するのではなく、おおらかに地道に活動を継続する。
その気持ちを持ち続けることが必要です。」

例えばスキルアップしたいときに、何か資格を取ろうと思ったら、
そのためにはなにが必要か、どんな勉強をすればいいのか、
私たちは一生懸命にリサーチし、実行します。7d892d7ab51a4e551d9922ed9fa81ee2_s (2).jpg
難しい資格ほど、かなりの努力が必要です。

婚活もよく似ています。
むしろそれ以上の根気がいると言えます。
だって、人生を共に歩む大事なパートナーを探すのですから。そして、勉強すれば必ず結果が伴う資格勉強と大きく違うのは、「お相手」あってのことだと言うこと。

婚活にも結婚にも万人共通の「マニュアル」はありません。
自分が良かれと思ってしたことが、お相手には通じない。
それどころか「お断り」の理由にさえなってしまう場合もある。
そう、どんなに努力したつもりでも、人の気持ちは簡単にはつかめないのです。

私は、「恋愛」と「お見合い」の違いをこんなふうに思っています。
「恋愛」は「好き‼」と言う気持ちから入るので「あばたもえくぼ」的感覚で、
多少の欠点は大目にみてもらえます。

一方「お見合い」は、条件的にはクリアしていて、
多少の好意は持っていても、まだ「好き」と言う状態ではありません。

恋愛のように「好き」な状態でお相手を見るのと、
お見合いのように「冷静な」状態でお相手を見るのとではかなり違います。
つまり「結婚」を意識するほど、厳しくなるのです。
だから、なかなかうまくいかないのは当然なのです。

そこで冒頭の、初回面談のアドバイスに繋がります。
「ご自身で積極的に活動すること、これが一番肝心です。
そして、結果に一喜一憂するのではなく、おおらかに地道に着実に活動を継続する。
その気持ちを持ち続けることが必要です。」

言うまでもなく、結婚のお相手はひとり。7c6e7e7a74b4315548819dcd650a9498_s (1).jpg
たったひとりフィーリングの合う方に出会えればいいのです。長所も短所も含めてあなたを好きになってくれる方、お互いに寄り添いながら、人生を歩んでいきたい方、そんな方にいつ出会えるか、それは誰にも分りません。確実にその方が「赤い糸」の運命の方だという保証もありません。

でも、結婚したいのであれば、その時を信じて地道に婚活するしかないのです。
担当は、いつでも婚活応援団としてあなたに寄り添っています。
誰にも言えないようなこと、なんでも本音でお話ください。
アドバイザーと十分コミュニケーションをとりながら、
おおらかに地道に活動して参りましょう!

「あきらめない!」
「失敗にしないためには、成功するまで続けること!」
あきらめずに頑張り続ければ、婚活が「良き想い出」に変わる日が来ると信じて。
「あなたを変える」のではなく、自分を磨いてより「素敵なあなたになる」ために。
アドバイザーはあなたの味方、いつもあなたと共にいます。

そして何よりお伝えしたいのは、こうして厳しい交際を乗り越えた「お見合い結婚」は
「恋愛」よりも離婚率がグッと低いということ !(^^)!
さあ、山あり谷ありの婚活、私たちと上手に乗り切っていきましょう!

「本音」変換「??!」💘

仕事場でも、友達とでも、家族でさえ・・・
何か言うとき、胸の内で考えてみます。bd251a3cd1eca0fd6ba0f1907db6f025_s (1).jpg
「こんなこと言っておかしくない?」
「相手が傷つかない?」

なるべく良識ある人でいたい
さらに言えばちょっぴり「いい人だな」って思われたい。
だからこそ、あれこれ考えてしまうのです。
「この場合、ベストなリアクションって何だろう?」って。

そんな毎日に振り回されて、多くの人が悩んでいます。
「あ~あ、人間関係疲れる~ "(-""-)"」

さらにはSNSが当たり前のこの時代、
もはや連絡が途絶える時間は皆無となり、
スマホを利用しているのか、振り回されているのか、分からない有様。
離れた人とは繋がっても、近い人とは逆に疎遠になってしまったり。

一日中、こうしたやり取りを続けていてはさすがに疲労困憊。
心の中で、ひとり本音を吐き出します。
「なんだか四六時中繋がっているのもしんどいな~」
それでも、頑張って返信してしまう💦

そうやって頑張ってしんどいときほど出てくる本音。
ひとり心の中で毒づきます。

「正社員だからって超上から目線、何様のつもり!」
「少し美人だからってちやほやされて、仕事もロクにできないくせに!」
「無能な上司、毎日イヤミ!左遷にならないかなあ!」」

あ~あ、こんなふうに毒づく自分嫌だなあ、なんて自己嫌悪に陥ったりして💦
でも、こんなストレス時代だからこそ、たまにはいいではないかと思うのです。
ひとり心の中で毒づくくらい多めに見ましょうよ!
(あくまで"たまに"にしておきましょう。性格が悪くなると大変ですものね・・笑)

さて、このあたりで話を婚活にしぼらせていただきますね。
面談にお越しになった方達は決まって口にします。
「お人柄がいい方が・・・」
ごもっともなご意見です。
もちろん、その通り、私も同感です。

でも、これは最終ポイント。
その前にたくさんの本音が隠されています。

まず、女性の本音と言えば
「年の近い方」
「出来ればイケメン(友達が羨むような)」4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s (1).jpg
「身長は170~180くらい、すらっと細身」
「年収は500万くらいは欲しいけど」
「ケチはもちろんイヤ!」
「職業は公務員など安定系」
「家事・育児は二人で、当然でしょ!」
「私を大事にしてくれる人」
と言ったところでしょうか。
男性は幾分少ないものの
「そりゃ若い方がいい」
「可愛い(美人)がいい、スタイル良ければなおGood!(友達がうらやむような)」
「しっかり働いている方、共働きは今や常識(高年収大歓迎)」
「料理の得意な方、掃除・洗濯もやってもらいたい」
「趣味に理解のある優しい人」

個人差はあれ、多かれ少なかれこんな本音をお持ちです。
並べて書くとなんだかいやらしい感じですが
ひとつひとつは、なるほど思わず笑って頷けるような気がします。

私は「本音」結構‼と思っています。
せっかく業界最多の会員数を誇るIBJ加盟相談所なのですから、
まずは、納得いくまで「夢と理想」を追いかけて頂きたい。
そこで、うまくご縁に繋がればラッキー!

でも、大多数の人はここで壁にぶつかります。52e0a6d1c1d6857f6ee36eda8580a1d1_s (1).jpg
「なんだかお返事をもらえない」
「交際が続かない」
「当然ながら結婚できない」

さあ、ここからが婚活本番‼
どんなふうに軌道修正していきましょう?
ここでいよいよ私達カウンセラーの出番です。
この時代、どんな男性が求められているのか
どんな女性が求められているのか、
しっかりレクチャーさせていただきます。

「本音だけでは通用しない」これは皆さん分かっていること !(^^)!
ここでご自分の本音をいかに柔軟に変えられるか
ご自分の「本音」をいい方向に「変換」できるか
ご自身の「器量」にかかってきます。

本音をゴリ押しして、ご縁に至らず退会していく会員様くらい口惜しいものはありません。
長所も短所もあるのはお互い様。
「まあまあ、やっていけそうかな。」
「なんだか気楽に一緒にいられる。」
これくらいがちょうどいい気がします。

本音を「変換」しながら、寛大な気持ちでお相手探し。
人間関係をうまくするには、やっぱりちょっとした「変換」が必要。
「本音」をフレキシブルに、上手に変換していきましょう!

お互い日々の愚痴を本音でこぼせるパートナーとなったら最高!
そう思いませんか?
★ただし、お互いへの本音は「親しき中にも礼儀あり!」はお忘れになりませんように★

💘 いつでもスタンバイ!

お天気に振り回されがちの今日この頃 (^-^;
やっと涼しくなったと思ったら、もう街にはハロウィンのディスプレイ🎃
「あ~あ、今年も結婚できないどころか彼女(彼)もできなかったなあ💦」なんて、
早くもあきらめムードの方いませんか。

「あと2か月で終わり」か「まだ2か月ある」のか、どうとらえるかは考え方ひとつ。
もちろん、頑張ったからと言って必ず成果が出るというわけでも、また無理に恋人を
見つけたからと言って、結果オーライと言うわけではありませんよね。

でも、やっぱりいつでもアンテナを張っておくことは重要なこと!c6b485e13b6786ab9929c8da834859ea_s (1).jpg
ご縁はいつ、どんなタイミングで訪れるかわからないのですから !(^^)!
仕事や人間関係に日々疲れてくると「彼女(彼)作って交際するのも面倒だしなあ💦」
なんてネガティブな気持ちにもなりますよね。

私はよく面談にいらした方達に「現状維持が一番楽なのです。」とお話します。
独り暮らしの方は、仕事が終われば時間もお金も自分の思い通りに使えます。
家族と同居だと少し気は遣いますが、住居費やごはん・洗濯と言った家事から解放されている方も多いと思います。となればもちろん、この恵まれた環境を積極的に手放す気に
なれないのももっともだと思います。
その結果、文頭の「あ~あ、今年も彼女(彼氏)できなかったなあ。」となるのです。

国の統計で、「いつかは結婚したい」と思っている方は男性8割強、女性9割と出ています。
独身を謳歌しながらも、皆さん「いい人がいたら結婚したい」と心の内では思っていらっしゃるのです。

私は、続けます。「現状維持が楽でも、このままいつまでもその生活を続けるというわけにはいきません。時の流れは着実で誰にも平等に訪れます。状況の変化は必ずやってきて、それを受け入れないわけにはいかないのです。その際に、支え合える家族がいるというのは力強いこと、家族は無償の絆で結ばれた最小最強の「つながり」なのですから。」

もちろん、お友達や同僚、習い事のお仲間などとも信頼に足るいい関係を築いていらっしゃる方もたくさんおられることでしょう。それもまた、大変重要な一生大切にしたい
「つながり」と言えると思います。
でも、私は皆さんにやはり家族と言う繋がりをも築いてほしいと願っています。

もちろん、結婚すれば理想の家族が必ず手に入るというわけではありません。
パートナーと、自分たちの理想の家族を目指すべく日々努力の積み重ねが重要です。
お互いの意見に耳を傾け、お互いの立場や気持ちを理解し、
協力・譲歩しあっていくことが必須です。
でも、この人生の起伏を乗り越えるうちに、不思議と何より強固な連帯感のようなものが絆をどんどん深めていってくれるのです。
人生の苦境を「懐かしい想い出」に変えてくれるのだと思います。
5cd3317e289a67e6cb3595643dbb8b21_s (1).jpg
だからこそ、やっぱり家族が欲しいなあと思っていらっしゃるのであれば、諦めることなくおおらかな気持ちで、いつ訪れるかわからない「真のご縁」に対して、見逃すことの無いようにしっかりアンテナを張っておいて欲しいと思います。

そして、ただご縁を待つのではなく、少し前向きに「出会い」をつかんでいきましょう!
仕事をリタイアしても長い時間を一緒に過ごすお相手です。
少し、努力しながらアクティブに探す価値は十分にあるのです。
さあ、令和元年の11・12月、是非大切に過ごしていただけたらと言う私の気持ち、お分かりいただけたでしょうか?

今こそ! 👪

先日の台風19号による甚大な被害。
関東・甲信越・東北の1級河川及びその支流の堤防の決壊、と同時に一夜にして奪われる平穏な日常、時間の経過とともにあっという間に拡大していく被害。
スマホからは何度もJアラートの警告が鳴り響き、極めて不安な夜を過ごしました。
千葉県を襲った台風15号に爪痕も生々しく、まだ全く復興の目処も経っていない矢先だというのに・・・。

このところの自然災害の規模は年々甚大となり、もはや自治体レベルでは対応は不可能、国の迅速な対策が不可欠となっています。
テレビで被災地域の報道を見るだけでも本当に辛く、日常の生活がすべて一瞬にして奪われたことへの恐怖・喪失・不安かいかばかりだろうと胸が苦しくなります。

当相談所の地元である川越は、ニュースで何度も報道されたように、下小坂の越辺川が氾濫、特別養護老人ホームや近隣住宅が多大なる被害を受けました。
被災された方々の心中、また、救助に当たっている方達の心労・疲労を思うと本当に心苦しく、いてもたってもいられないどうしようもない虚無感におそわれます。

そして世界に目を向ければ、今や各国で起こっている異常気象による膨大な被害。2713621d58b96c93307555683afb69ab_s (1).jpg
その規模は、加速度的に膨らみ、世界中の人々が強い危機感と、地球からのメッセージを確実に感じています。
「私たちの日常の生活を見直すべき時が来ているのだ」と誰しも感じているのです。
今、私たちはどうすればいいのか、何を始めればいいのか、どういう姿勢で生きていくべきなのか、それは決して政治家任せの問題ではないと思います。

先月22日、ニューヨークの国連本部で開催された気候変動問題に関する会議に出席した小泉環境大臣は「スピード感を持って、出来ることはぜんぶやる。日本は本気だと言うことを伝えたい」と発信していました。この就任したばかりの若い大臣のスピーチを世界から評価させるもさせないも、私達ひとりひとりの意識にかかっているのだという自覚を持って、常に生活していきたい、そんなふうに痛感しています。

「ストップ、ザ・温暖化!」が叫ばれてから、どのくらいたつでしょう?
私達は、どのくらい真剣にそのスローガンを自覚し、実践しようと努力してきたでしょう?
「利潤・利便性・高性能」ばかりを優先し、「するべき我慢・忍耐・自然の摂理」など、友人や家族と話し合ったことがあるでしょうか。

私も大いに反省すべき点はたくさんあります。でも、自然からの雄叫びのような猛威をしっかり受け止め、自分の生き方やライフスタイルを見直し、地球にやさしい謙虚な生き方を心掛けていきたいと思います。

最後にやはり災害などの緊急時、家族がともにいるのといないのとでは精神的にかなり違うと思います。人生に対する考えや、様々な事情を決して軽んじる気持ちはありませんが、この機会に自分の「人生や家族」について真剣に考えてみるのもいいかもしれません。

被災にあわれた地域の一日も早い復興を心から祈りつつ、自分にできることは何なのか、今後の生き方をどうして行けばいいのか、考えていきたいと思います。

考えてみる ❓

毎年、この時期に飛び込んで来る嬉しいニュースと言えば、ノーベル賞の受賞。
今年もまずは、ノーベル化学賞にリチウム電池開発の功績により吉野彰氏が授与されました。スマートフォンをはじめとして今や私たちの暮らしに欠かせないリチウム電池。

毎年、受賞された方の感想を聞いていると、どの方もその研究や9a41399716d4fff643708cc18609a0cc_s (1).jpg
開発に人生を捧げてきたことが分かります。それほどまでに自分の信念を貫き、何度も失敗と挫折を繰り返し、それでもなお成功を実現すべく邁進する、その原動力の一つとして、皆さん口をそろえて感謝なさっているのは、スタッフの協力と家族の支えにほかなりません。

思えばオリンピックのアスリートの方々も必ず、周囲のコーチやスタッフ、そして家族に感謝していますよね。自分が頂いた賞と言うのではなく、周囲に支えられてこその結果だとわかっていらっしゃる方々だからこその受賞のような気がします。

人類の進歩はとどまるところを知らず、果てしなく私たちの暮らしを6bc61098ca209cded12920b9190d2b90_s (1).jpg
便利にしてくれます。
いつの間にか「あると便利なもの」が「あって当たり前のもの」になり、さらなる便利さを追求して、環境問題を配慮することを忘れている私達。確かに生活が便利になり、QOLが上がることは称賛すべきことと言えると思います。

でも、誰しも感じている昨今の異常気象とそれに伴う自然災害。
「やっぱり温暖化が原因なのではないか」そんなふうに認識している人は多いはず。
世界気候行動サミットでは、欧州の国々を中心に本格的に地球規模の異常気象とそれによる災害に取り組む姿勢を新たにし、各国の大いなる関心を集めています。

ともすれば、日々の生活に流されて、受け入れる前に「考える」と言うことを忘れている私達。「快適で便利な生活」を追求するあまり、生じるかもしれない問題に思いを巡らせられない現状。今、考えるべきことは何なのか?優先順位はどうすべきなのか?

「一番大切にしなくてはいけないものはなにか?」
「次の世代に残すべきものはなにか?」

ひとりひとりが意識を高めて、自分なりにできることに取り組んでみる!
その小さな取り組みこそ、集結することで大きな環境へのうねりをもたらし、かけがえのない地球を守り、平和な生活の礎に他ならないと思うのです。

個人の取り組みが家族に広がり、周囲にも広がって、市町村から県・国レベルまで、ノーベル賞受賞の研究成果のように人類に大いなる幸福をもたらすよう願っています。

時には・・⛩

ここ数年、女子の間で人気の高いパワースポット巡り!(^^)!
御朱印の魅力に虜になり、集めるのを趣味となさっている方も多いですよね!

私たち日本人は、日ごろは無宗教であっても、いざ困難や心配事を抱えれば誰しも自然と手を合わせて神頼み、「うまくいきますよーに」と祈ります。
人生何度も壁にぶつかればそのたびに「一生のお願い」を繰り返したりして!
でも、懐の広い神様はそんな理不尽さもお許し下さる気がします。

先日、私は長野県の戸隠神社に行ってきました。DSC_0279[7671].jpg
旅行好きの私にとって、行ってみたかった念願の場所!
創建以来、霊山・戸隠山の麓に2000年あまりの歴史をはぐくむ荘厳な神社で、平安時代の頃には、比叡山・高野山と並ぶ修験場だったとか、日本屈指のパワースポットとして有名なのもおおいにうなずけます。

戸隠神社は奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の
五社から成りますが、すべて比較的道路沿いにあるので、各社の駐車場に車をとめながらマイカーで周ることも可能です。
ただ、最後の奥社だけは、駐車場すぐの奥社入口から40分ほど歩かなくてはなりません。
私は、中社から歩いたのと足の調子が最悪だったのとで1時間半近くかかったと思います。

皆さんも一度は写真等で見たことがあるかと思うのですが、
戸隠の参道は樹齢500年を超す杉の木立が並んでいます。ただひたすら天に向かって真っすぐに伸び、気の遠くなるような長い時間、参拝者を見守り続ける杉木立。
そのたたずまいは、凛とした古からの神聖な独特の空気を漂わせ、参拝者を優しく包みこんで励ましてくれるような気がします。
後半かなり厳しくても、不思議と優しい気持ちで前へと進めるのです。

会員さんのためにも「縁結び」のご利益をなんとしてもいただきたく、多少の苦労はいとわないつもりでした。(本当はウオーキングの好きな私、全行程ゆっくり歩いて周りたかったのですが、膝の調子が絶不調なのと時間的な余裕を考えて半分弱の行程にさせて頂いたのが少し心残りなのですが。)DSC_0284[7662].JPG

この仕事について、自身のときには全くしなかった「縁結び」のご祈願に一生懸命な私。
会員さんのサポートをしっかりしたうえで「天命を待つ!」その精神を大切にしていきたいと改めて思いました。

そして、その夜は初めての「宿坊」での宿泊体験。
中社門前の茅葺の古い建物は、そこに住まう人々の慈しみを感じるほど、どこもぴかぴかに磨かれ掃除が行き届いていて、優しく参拝の疲れを癒してくれました。
真心こもった精進料理を頂き、暮れゆく戸隠の風景を目の当たりに、
古からどれだけの人々の願いを受け入れてきたのだろうとの想いを馳せながら、
これまでとは一味違う旅の醍醐味に浸り、静かで清らかな時間を堪能しました。

皆さんも婚活の息抜きに、時にはこんな時間を過ごすのもお勧めのような気がします!

💐 真剣交際~ご成婚へ 💐

交際からひと月ほど経って、お会いするのがお互いに楽しみになってきたら、
いよいよ真剣交際のスタートです 。
6ad344f2d8c0b54833ca0109c03940d4_s (1).jpg
「真剣」と名前が付く時期だけに、ここからはまさに
真剣勝負。と言っても「ご縁」における真剣勝負は、
あくまで和やかにソフトに!
分かり易く言えば結婚感を確認する段階、つまりお相手との相性を具体的な内容を話し合うことで、今後ともに人生を歩んでいけそうか判断していただきたいのです。
だからこそ、お互い誠心誠意このステージに臨んでほしく思います。

今や3組に1組が離婚という悲しい時代、そんな悲しい体験をしないためにも、
この段階の結婚感の確認は重要と言えると思います。
私は真剣交際に入った会員さんには、ご自分の結婚感を出来るだけ分かり易く、
はっきりお相手に伝えるようお勧めしています。

・どんな家庭にしたいのか(明るい・落ち着いた・癒し・向上・・・etc.)
・どのあたりに住みたいのか(実家の近く・勤務地優先・郊外・・・etc.)
・大まかな人生計画(共働き・子供の人数・収入や時間の配分・住居購入・・・etc.)

「来年のことを言うと鬼が笑う」の訓戒が聞こえてきそうですが、
なんでも率直に意見を交換できるというのは素晴らしいことだと思うのです。
もちろん、今話し合ったからと言って、先のことなど誰にもわかりません。
状況も日々変化し、計画通りにいかないのが世の常、それに単なる希望なのですから、
なんの強制力ももちろんありません。

でも、だいたいの自分の想いや気持ち・考えを伝えておくのは無意味なことでは決して
ないはず。お相手が自分の気持ちをそれだけ真剣に聞いてくれるか、またどれくらい
同調してくださるか、どんな点が自分と違う考えなのか、あらかじめ知っておくことは
とても重要だと思います。

その際、忘れてはいけないのが、お相手の意見にも十分耳を傾けるということ。
それまで別々の人生を歩んできた二人が、全く同じ人生観や結婚感を持っているはず
ありませんよね。それぞれの考えや生き方はどれも尊重されるべきもの、だからこそ、
自分との相違を認め、その人の考えを尊重したうえで、ともに人生を歩めそうか、
じっくり判断していただきたく思います。

何より大事なのは
「お互い歩み寄れそうかと言うこと」
「お互いの考えを尊重できるかと言うこと」
「十分納得できる話し合いが出来るかと言うこと」

従来の「男性だから・女性だから」にとらわれず「長男だから・長女だから」を
乗り越えてお互い一個人としてしっかり向き合ってほしいと思います。
一方的な押し付けでは、例え結婚したとしても長く継続できるはずもありません。
結婚に必要なのは「いかに柔軟性を持てるかということ」に尽きるかもしれません。

結婚相談所など、「お見合い」結婚は、離婚率が低いという統計が出ています。
つまり、恋愛のようにいざ結婚したもののいろいろ難題が出てきたということが
少ないのです。あらかじめプロフィールデータでその人の条件的な内容は把握でき、
真剣交際中にも結婚を前提としたお話が出来るからに他ならないと思います。

いかがでしょう?
自分の気持ちを真摯にそして率直にお伝えしてみませんか。
例え、考えの違いが出てきても話し合う余地がありそうか、譲歩し合えそうか話して
みませんか。

ちょっぴりお相手が引いてしまいそうな重要な話題なら、
最初にこんなふうにお伝えするよう、私はお勧めしています。
「この交際を本当に大事に思っているので、お訊きしたいのです・・・」
こんなふうに真剣に思われているのに気分を害してしまう人なんていないと思います。
もちろん、お相手も真面目にお返事くださることでしょう。

お伝えしたいこと・訊きたいこと、この際はっきりさせていただければと思います。
そして是非この大切な期間、カウンセラーをフル活用してご相談ください。
もちろん、最終的な判断はご自身ですが、精一杯的確なアドバイスを致します。
出来るだけ「ご成婚退会」までに不安要素を払拭して、
そのご縁があなたにとって「真のご縁」なのか、一緒に判断して参りましょう!

💑 交際希望を頂くには 💑

「交際希望」すなわち「この方とまたお会いしてお話してみたい!」
と思っていただくにはどうしたらよいのでしょう?

これは、とりもなおさず「お見合い」を成功させること、bf747cdf0093298af79ae32c132b8fe8_s (1).jpg
つまりお見合い独特の緊張ををやんわりといて、
「初めてお目にかかったのになんだかお話が楽しいなあ」
と思っていただけることにほかなりません。

と言っても、これが至難の業💦
初対面の方とお話するのはそれだけでかなりハードルが高いもの。
営業などお仕事では慣れていらっしゃる方でも、お見合いとなるとそう簡単にはいきません(>_<)

まずは、プロフィールデータを参考に話の糸口を見つけ、休みの日の過ごし方や趣味ど、
当たり障りのない話題をどうふくまらせていくかにかかってきます。
このとき、心がけたいのは皆さんご存知の「会話のキャッチボール」
お見合いは、お二人が演出家であり、キャストでもあるのです。

・普段より、少し丁寧でゆっくりとした口調ではなす。
・お相手と同じくらいの量の会話を心掛ける
・返事に窮するような突っ込んだ質問はNG
・さりげなく自分の長所をアピール
・お相手の意見を尊重・理解する姿勢を見せる
・結婚生活はなんでも話し合い・協力し合っていきたいと伝える

もし、お相手が「話下手」と言うなら少し自分が多めに話して、お相手が返事をしやすい
話題をふるのもお勧めです。また、先にあまりに模範的な内容でばっちり決められては
お相手はますます緊張するばかり、少しユーモアを交えたり、おちゃめな素の部分を
隠さず出すのも場が和む気がします。

そして何より、気負わず笑顔でまずは楽しむこと、お互い貴重な時間を使ってのお見合い
なのですから、楽しく過ごすのがいいに決まっています。「ご縁」には繋がらなくても、
その方のいい点を学んだり、また反面教師として自身を反省したり、
得るものは必ずあるはずです。

パッと見て「あ~あ、タイプじゃなかった・・・」なんてすぐに判断せず、一期一会の
その出会いを心から大切にしていく、そんな気持ちが「交際希望」をいただくチャンスに
つながる気がします。

「どうして交際希望をもらえないのだろう」なんてお悩みの方、ご自分だったら
どんな方に「交際希望」のお返事を出したいか考えてみるのもお勧めです。
必ず答えのヒントがあるはずです。
カウンセラーと相談して、「自分磨き」を実行するのもおおいに成果に繋がりそうです。

さあ、悩むばかりでなく前を向いてポジティブに「素敵な自分になること」、早速始めてみませんか?
それこそ、交際希望をいただく最高の秘訣、なにより婚活を頑張るあなたへの最高の
ご褒美なのですから!

💑 お返事をいただくには? 💑

さあ、結婚相談所での婚活を決めていただけたら、まずはご自分のご希望に合った方へのお申し込みからスタートです!

★「お相手詮索」にご自分のご希望条件を入れてみましょう。4d22f4e6c5387c7a826413ed4d307e29_s.jpg
この時、まずはご自身のお気持ち最優先、
ちょっぴりご自分のことは棚に上げても(‼)
理想の方がどれくらいいるのか試してみるのもいいと思います。
皆さん、最後は「お人柄」「フィーリングの合う方が一番!」なんてこと分かっていらっしゃるのですから、あえて希望どおりの条件を入れてみる、どの方にも譲れない条件ってありますよね!
最初は思い残すことの無いように、ご自身のお気持ち最優先で。

検索結果が思ったより多くても少なくても、まずは希望に近い方にアタック!
お返事がいただけたらこのチャンスを有効に生かせるよう頑張りましょう。

でも、イメージとは違う方だったなんて場合もよくありますよね。
そんなときには、少しご希望条件の軌道修正を検討しなおし、幅を広げてみることを
お勧めします。

そう、お返事の可能性を広げるには、少しご自分の希望条件を見直してみること。
いい意味でストライクゾーンを広げてみることこそ重要だと思うのです。
相手からお申し込みを頂いた場合もしかりです。
少し希望から離れているからといって、すぐに「お断り」のお返事ではせっかくの
チャンスを活かせるはずもありません。

★次にお写真。「写真」に自信の無い方、沢山いらっしゃることと思います。
私自身がそのひとりだからこそ、よ~く分かります。(笑)
でも、「この人やさしそうだなあ」とか「なんでも相談にのってくれそうだなあ」など
お写真から受ける印象は、意外とお人柄を当てていることも多いのです。
お写真が苦手そうながらも、頑張って笑顔を浮かべている姿、ほほえましく感じませんか?
お写真を撮るときは、ご自分のいいところを頭に思い浮かべながら!
是非、実行なさってみてくださいね。

★もうひとつ、プロフィールデータのコメント文、これこそこだわってほしいのです。
PD上の記載事項は証明が必要なものが多く、ご自分では変えられない点が多いですよね。
だから、コメント文こそ、あなたらしさ・あなたの魅力を伝える大切なアピールツールに
仕立ててほしいのです。
趣味や仕事など、事実だけを伝えるのではなく、お人柄がにじみ出るような内容、会ってお話してみたいと思わせる内容、難しければカウンセラーとの共同作業でトライしてみてください。

さあ、いかがでしょう?実行できそうなことばかりですよね!
・広いストライクゾーンを心掛ける
・笑顔で明るいお写真
・お人柄を伝えるコメント文
まずは、この「3本の矢」揃えてみませんか?